~古城の愛猫~迷子の外国人を助けてあげたら 太いのでめちゃくちゃにされました。

※アニメイト様販売はSE有り本編のみです。

──────────────────☆
☆キャスト
──────────────────
声優 哀川佳介
シナリオ 十六夜夏樹
イラスト キキノ 
制作 マロジェラ

バイノーラル音声作品 SE無し版も同梱
イラスト2枚

──────────────────☆
☆ストーリー
──────────────────

大通りを歩いていると褐色の肌、笑顔が素敵な男性

【ダンテ】 に話しかけられる貴方。

ダンテ『ミ・スクーズィ。私、日本語あまり得意じゃなくて』

道に迷っている様子の彼を助けてあげると、お詫びにと食事に誘われて・・・

お礼のマッサージと称して体中をダンテの太い指に蹂躙されてしまう

『これもマッサージですよ? ご存じありませんか? 膣内マッサージ。女性にはかなり好評なんですよ? 自分の指では決して届かない場所まで届いて、気持ち良いと』

指だけで簡単に達してしまう貴方。

ダンテの性器を見て「無理、こんなの・・・入らない・・・」と訴えても

『大丈夫。怯える事はありません。ちゃんと入りますよ。少々大きいので……貴女のサイズでは、きついかもしれませんが』

強引に挿入されてしまう。

『ほら、貴女のお腹、私のペニスを咥えているから、少し膨らんでいますね。……ふふっ、こんなに上まで入っていますね。これだけで、どれだけ私のペニスが大きいか、よくわかるでしょう?』

『彼の事なんか、すぐに忘れさせてあげますよ』

01迷子の外国人
 
 大通りを歩いていると褐色の肌、ダンテに話かけられる貴方
 迷子になった彼を目的地へ連れて行くと、お詫びにと食事に誘われて・・・
 

02彼のお礼 

 ワインを飲みながら2人で食事を楽しんだ後
 ふらりと倒れそうになる貴方、ダンテに体を支えられて
 ベッドへ連れていかれてマッサージされることに。
 「まぁまぁ、そう遠慮なさらずに。これもお礼の一環ですから……」
 ダンテのマッサージがどんどんエスカレートしていき
 「貴女の体の隅々まで、ヨくして差し上げましょう」

03特別なマッサージ <膣内マッサージ>

 香りの良いオイルで恥ずかしい部分までマッサージされてしまう貴方。
 「ここを指で弄り回されるのが、余程お好きなようですね。」
 太い指で奥までいじられているところに
 付き合っている彼氏から電話がかかって来て…

 
04全て貴方の中に <巨根・連続絶頂>

 指で攻められてあっけなく絶頂を迎えてしまう貴方に
 強引に体を重ねるダンテ
 「大丈夫。怯える事はありません。ちゃんと入りますよ。
  少々大きいので……貴女のサイズでは、きついかもしれませんが」
 連続で絶頂し意識の薄れた貴方の腰を掴み、腰を打ち付け続けるダンテ。

05古城の愛猫

 あの日の体験が忘れられない貴方が選んだ選択は------------

 
 続きをどうぞ、製品版でお楽しみください♪